スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えただけでも涎が…仙台放送・原英里奈アナウンサー(産経新聞)

【東北女子アナコラム】

 6月6日は二十四節気の一つ「芒種(ぼうしゅ)」。

 稲や麦の種を蒔いたり、作物を植え付けするのに好適な頃とされています。

 先日電車で白石に向かう途中、車窓からみえる一面の水田はたいへん青々としていました。

 う~ん、ちょっと気が早いですが美味しい新米が食べたいなぁ…。

 炊き立てアツアツのごはんを塩だけでチャチャッと握っていただく…。考えただけで涎がでそうです(笑)。

 ちなみに、6日4日から10日迄は歯の衛生週間です。美味しく食べた後は磨かないといけませんね。

 さて5日の「あらあらかしこ」は、オムライスやナポリタンなど誰にでもなじみある洋食を特集。新しいのにどこか懐かしい老舗の味などを紹介。また梅雨入り前に屋内で楽しめるスポットが登場します。ぜひご覧ください。(仙台放送アナウンサー)

【関連記事】
ジューンブライドって本当!? 岩手めんこいテレビ・大久保涼香アナウンサー
寒がりの女子アナ、今年も夏に衣替え?
盲人にクラクション…女子アナは見た
お日さまのにおいのする枕で…仙台放送・原英里奈アナウンサー
秋田の女子アナが生まれて初めて食べた…
「はやぶさ」帰還へ

政治とカネ「逆風収まらず」民主地方は今も反発(読売新聞)
自殺者12年連続で3万人超=実態に応じた対策提唱―政府白書(時事通信)
「民主党全体とパイプがある」―菅新政権発足で原中会長(医療介護CBニュース)
<窃盗>防犯カメラの男は被告と別人 金沢地裁(毎日新聞)
異例“撮り鉄”を立件 被害届なくても「警鐘」書類送検(産経新聞)
スポンサーサイト

土浦湖北高バレー部顧問、女子部員にひざげり 尾骨骨折(産経新聞)

 茨城県立土浦湖北高校(土浦市菅谷町、荒野一郎校長)で27日、女子バレーボール部顧問の男性教諭(42)が、部活動の指導中に2年生の女子生徒にひざげりの暴行を加え、鼻を骨折する重傷を負わせていたことが31日、分かった。

 同校は28日、けがをした女子生徒とは別の部員の保護者から連絡を受け、暴行の事実を把握。荒野校長が30日、女子生徒宅を訪れ謝罪した。

 男性教諭は3年生の担任で国語を担当。塙保教頭によると男性教諭は「大変申し訳ないことをしてしまった」と反省しているという。

【関連記事】
学校ミステリー! 子供のけが“西高東低”
柔道技で生徒重傷、教諭は不起訴処分「指導の一環」
酔って高校生の首絞めた農政局職員を起訴猶予に
体罰の部活顧問2人を戒告 宮崎県教委
(12)高校時代、課題にイライラ「壁壊して刀を振り回した」
iPadが上陸

参院選前の首相退陣に期待=民主・渡部氏(時事通信)
鳩山首相、移設に協力してくれる県は手を挙げて!(スポーツ報知)
口蹄疫 殺処分、週内完了を農水相指示(産経新聞)
接種後死亡は基礎疾患、インフル感染が影響―新型ワクチンで厚労省会議
<口蹄疫>種牛殺さないで 6000人が「助命」署名 エース級5頭は陰性(毎日新聞)

女子高生わいせつ警官「捜査資料で連絡先知って」(読売新聞)

 女子高校生にわいせつな行為をしたとして、新潟中央署刑事1課係長の警部補、西村強容疑者(45)(新潟市西区寺尾西)が新潟県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕された事件で、西村容疑者が「県警のデータベースから女子生徒の連絡先を知り、電話した」と供述していることが25日、県警幹部への取材でわかった。

 県警は捜査資料を悪用した可能性が高いと見て裏付けを急いでいる。

 県警幹部によると、女子高校生は、「男から突然、携帯電話に電話がかかってきて待ち合わせた」と説明。西村容疑者は当初、「トイレでたまたま(女子生徒の)電話番号を見つけた」、「偶然が重なっただけ」などと供述していたが、その後の調べに対し、捜査資料で女子生徒の連絡先を知ったと認めた。西村容疑者は、データベースを閲覧できる立場にいた。電話では警察官と名乗らず、「モデルのアルバイトをしないか」と言って女子生徒を誘ったという。

 西村容疑者は今月15日、新潟市中央区のホテルで、18歳未満と知りながら同市の高校1年の女子生徒(15)にわいせつな行為をした疑いが持たれている。

<展覧会>「語りかける風景」展 東京・渋谷で開幕(毎日新聞)
種牛の離島疎開始まる=口蹄疫リスクを回避―鹿児島(時事通信)
岸和田市で5棟が全半焼 男性が1人行方不明(産経新聞)
<ACSA>オーストラリアと物品役務相互提供協定を締結(毎日新聞)
傍聴者4870人、5割増=事業仕分け(時事通信)

80歳男性が運転誤りスーパー突入、店員けが 大阪・中央区(産経新聞)

 10日午前7時40分ごろ、大阪市中央区島之内のスーパー「Joy Store」に、乗用車が正面のガラス戸から突っ込み、店内の柱に衝突して止まった。乗用車は直前、自転車に乗っていた近くのアルバイト店員の男性(23)と接触。男性は首や腰に軽傷という。店は開店前で従業員はいなかった。

 南署によると、乗用車を運転していたのは同市西区の写真店経営の男性(80)。道路を挟んでスーパーの向かい側にある立体駐車場にバックで入庫しようとしていたといい、南署はギア操作の誤りが原因とみている。

 店の経営者の男性(42)は「開店前でお客さんがいなくてよかったが、いつ営業を再開できるのか」と話していた。

【関連記事】
「ぼーっとして…」コンビニに車突っ込む 岡山、2人けが
スーパー店舗に車、6人重軽傷 運転の79歳男逮捕「アクセルとブレーキ間違えた」
横転トラックが理容店に突っ込む 運転手死亡、客ら3人けが 熊本
石川遼出場中カート暴走、TBS系カメラマン書類送検
衝突巻き込まれ夫婦死傷 運転過失容疑で大学生逮捕
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

15年度の医薬品事業売上高を1200億円に―キョーリン(医療介護CBニュース)
レンタルメールフォーム「Xform」が4/16以降に初期費用を改定
「乗合来店型」で賢く保険選び 数社で比較可 中立的なアドバイス(産経新聞)
<トヨタ社長>「24耐」出場見送り…周囲の猛反対で(毎日新聞)
民主マニフェストの表紙の顔、やっぱり鳩山首相に(産経新聞)

丼にしたら100人分? 兵庫・香美に巨大アナゴ水揚げ(産経新聞)

 全長1.5メートルの巨大アナゴが、兵庫県香美町の香住漁港で26日朝、水揚げされた。今年1月には硬骨類では世界最長とされる深海魚「リュウグウノツカイ」も獲れ、地元の漁業関係者は「これも異常気象のあらわれかも」と驚いている。

 巨大アナゴは同町沖の日本海で、漁船の底引き網漁で捕獲。重さは9.3キロ、胴回り42センチで、黒アナゴとみられ、通常のアナゴのほぼ5倍の大きさ。

 競り落とした地元の直売店「かに市場」の山田直弘店長(46)によると、「これまで1メートル近いアナゴは見たことがあるが、こんなに大きなアナゴは初めて。丼にしたら100人前にはなる」と話していた。

 同店ではゴールデンウイーク明けまで店内で展示する予定で、その後は大学などで研究に役立ててもらうという。

【関連記事】
ウナギのご先祖様は深海魚 遺伝子解析で判明
巨大タケノコに仰天「こんなの初めて」 神奈川県大和市
1.1メートル16キロの大型イカ生け捕り 愛媛
“幻の魚”リュウグウノツカイに驚き 萩博物館で公開
深海魚「竜宮の使い」 謎の大漁

父の遺産計2億5000万円脱税 会社役員を起訴(産経新聞)
関東で大雨や強風=都心は4月の史上最大雨量-気象庁(時事通信)
東京マラソンを法人化 石原知事が発表 出場枠のオークションも可能に(産経新聞)
「管理ずさん」国宝仏像展、会場変更し開幕(読売新聞)
事業仕分け 合計で34事業を廃止と判定 第2弾前半終了(毎日新聞)
プロフィール

やまだまさかつさん

Author:やまだまさかつさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。